Up
Down
Return

>長岡天満宮

存在感のある鳥居。右の松が「枯れかかっているので市民団体が竹炭埋め込む」と京都新聞に出ていた。(2007/12/6)


桜のシーズンはすがすがしい。

紅葉の季節にはこんな具合に。



八条ケ池中央の橋から錦水亭を望む。

春の八条ケ池



八条ケ池を渡る中堤のキリシマツツジ


普段は中央の通路は閉鎖されている。このゆがんでしまった石橋を渡るのはちょっと怖い。
橋の脇に"この太鼓橋は加賀藩の前田氏より寄進されたものと伝えられています。 長岡京市"と書いた立て札がある。


錦水亭の藤棚。

八条ケ池のきりしまつつじが有名だが姉妹都市の中国寧波市から贈られた「紅蓮」も見事なもの。



2007年11月25日オープンの「錦景苑」。オープン二週間後なので、まだ植栽に落ち着きが出ていない。



社殿
平安神宮から移築したもので伊藤忠太設計。



大宰府天満宮宮司の筆
政治家向けのお言葉か。