Up
Down
Return

七谷川の放水路と野神

七谷川の放水路

「享保十三年 (一七二八 )八月の洪水を期に、綾子 (綾町 )•高野にとっては、許しがたい事を中所・北所より領主へ願い出た、それは七谷川の常の決壊個所 (南側堤防の国分境より少し下流 )をそのままにしておき、洪水の場合の放水路として三分程度分水したいというのである。綾子・高野にとっては驚くべき計画であり、とうてい承認出来るものではなかった。地勢の関係で決壊の場合の濁水は綾子・高野の集落の中を、四条ケ辻へ流れ下っている。今度は水害常襲地を恒常的な放水路にしようというのである。」*1(p.234)

 
七谷川放水路

 
七谷川放水路

 
七谷川放水路

 
七谷川放水路

 
七谷川放水路

 
七谷川放水路

 
七谷川放水路

 
七谷川放水路

 
七谷川放水路

 
七谷川放水路

 
七谷川放水路

 
七谷川放水路

 
七谷川放水路

 
七谷川放水路

 
七谷川放水路

 
七谷川放水路

 
七谷川放水路

 
七谷川放水路

亀岡市河原林町河原尻の野神さん

地図を見る

明珍原の野神

川原尻の3ヶ所の野神は、『新修亀岡市史 資料編第五巻』*1の有形民俗文化財の中の石造物一覧で見つけた(この一覧表に他に野神に関連する石造物は載っていない。)のだが、具体的な位置はこの一覧表を引用した『河原林の歴史』*2にある地図で特定できた。

亀岡園という老人ホームの脇の道を堤防方向に歩き左側
明珍原の野神

ピンクのテープで囲われた広場は土地所有者が異なる?
明珍原の野神

堤防の傍の墓地がまず目につく。
明珍原の野神

 
明珍原の野神

堤防から少し離れた所に野神さん。
明珍原の野神

 
明珍原の野神

 
明珍原の野神

 
明珍原の野神

 
明珍原の野神

 
明珍原の野神

明珍原の野神


祠の形状は、下の下五丹の野神さんと似通っている。

下五丹の野神

3ヶ所の中で最も見つけ易い場所に祀られている、
下五丹の野神

 
下五丹の野神

 
下五丹の野神

 
下五丹の野神

はっきりと「野神」と彫られている。
下五丹の野神

 
下五丹の野神

上福井の野神

治水工事で移されたようだ。
上福井の野神

 
上福井の野神

野神社と書いてあるが…
上福井の野神

隣にも石仏が並ぶ
上福井の野神

上福井の野神


石造の祠に石仏が3体。これがノガミサン?というのが正直な感想。
以上の3ヶ所の野神は、七谷川(ななたにがわ)のそばという点が共通しているが、七谷川の治水・利水との関係は確認できていない。

引用文献・参考資料
  1. *1 河原林町史編纂委員会/編『河原林の歴史』河原林町自治会 2012
  2. *2 亀岡市史編さん委員会/編『新修亀岡市史 資料編第五巻』京都府亀岡市 1998

戻る