Up
Down
Return

湖北の仏

渡岸寺観音堂、東柳野薬師堂

渡岸寺観音堂(向源寺)

滋賀県長浜市高月町渡岸寺


寺伝ではその昔、聖武天皇の天平八年(今から約一、二五○年前:736年)当時都に疱瘡が大流行し死者が相次いだので、天皇は除災の祈祷を僧泰澄に勅せられました。泰澄は勅を奉じ、祈願をこめて十一面観世音を彫み、一宇を建立して息災延命、万民豊楽の祈祷をこらしてその憂いを絶ったと伝えられます。以来、病い除けの霊験あらたかな観音像として敬迎せられ、桓武天皇の延暦二○年(八○一年)には比叡山の僧最澄が勅を奉じて七堂伽藍を建立、「慈雲山光眼寺」と称し、多くの仏像を安置して輪奐(りんかん)の美をきわめました。しかし時勢とともに寺運は漸く衰え、元亀元年(1570年)、豪雄浅井・織田両氏の戦火のため、堂宇は悉く(ことごとく)烏有(うゆう)に帰し寺領亦没収せられて、ここに全く廃滅してしまいました。此の兵乱に観音様を敬迎する住職巧圓をはじめ土地の住民達は、兵火が堂宇を襲うや猛火を冒して搬出しましたが、お守りする堂なく、やむなく土中に埋蔵して難をまぬがれたといわれます。その後、巧圓は真宗に転宗し、光眼寺を廃寺にし向源寺を建て、真宗の寺院では大日如来像、観音像など阿弥陀仏以外の諸像はお祭りできないため、小さな別堂を建て秘仏としてお祭りしてきました。 『渡岸寺観音堂 向源寺』より

 

同居している天神社。


渡岸寺観音堂(向源寺)

渡岸寺観音堂(向源寺)


渡岸寺観音堂(向源寺)

渡岸寺観音堂(向源寺)


渡岸寺観音堂(向源寺)


渡岸寺観音堂(向源寺)

渡岸寺観音堂(向源寺)


渡岸寺観音堂(向源寺)

御尊像埋伏之地。事情は左と上述のとおり。


収蔵庫内は撮影禁止だが、ここの十一面観音立像は確かに美しい。照明の加減か正面から見ると顔が平板に見えるが、脇から見ると目鼻立ちが美しい。個人的には観音像に劣らず隣の胎蔵界大日如来坐像に魅入られた。観音像と同様に生身の人を感じさせる体の滑らかさがあり、人の気配を感じてしまう。

渡岸寺観音堂(向源寺)

渡岸寺観音堂(向源寺)


1925年(大正14年)に建てられた本堂。観音堂だったはずだが、十一面観音像は隣の収蔵庫に移され、現在は阿弥陀如来像が安置されている。外から遠目に阿弥陀様を撮影。

渡岸寺観音堂(向源寺)

渡岸寺観音堂(向源寺)


渡岸寺観音堂(向源寺)

高月は月の名所。
月を見るならやはり琵琶湖湖岸の方が良いと思うけど…


本堂左手の池と島に立つお地蔵さん。


渡岸寺の野神さん


向源寺

向源寺

渡岸寺観音堂の前の道を左に行った突き当りに向源寺はある。


東柳野の薬師堂

快慶風鎌倉彫刻の雰囲気だが制作年代は不明。お顔がよい仏像だ。

東柳野薬師堂

東柳野薬師堂