Up
Down
Return

阿育王山石塔寺(あしょかおうざん・いしどうじ)

滋賀県東近江市石塔町860にある天台宗の寺。寺のパンフレットによれば開基は聖徳太子。
近江鉄道の桜川から歩いたが、片道30分弱くらいかかる。田圃の中をまっすぐ歩くのは気持ち良いが、とにかく遠い。


石塔町の集落の祠など。

農業用の貯水池。


Ishido-ji Temple

Ishido-ji Temple


集落から石塔寺への坂道を上がるところにある極楽寺。

Ishido-ji Temple

Ishido-ji Temple


石塔寺に到着。

本堂。本尊は秘仏の聖観音。


Ishido-ji Temple

Ishido-ji Temple


上ってきた石段を見下ろす。


Ishido-ji Temple

Ishido-ji Temple


山上の阿育王塔はインドの阿育王が、仏法興隆のために世界に撒いた八万四千の仏舎利塔のひとつとされ平安時代一条天皇より阿育王山石塔寺の号を賜りました。(寺のパンフレットより)
『日本書紀』巻第二十七の天智天皇八年に、又以佐平余自信。佐平鬼室集斯等。男女七百余人、遷居近江国蒲生郡。とあり百済の貴族以下七百余人がこの蒲生に移住してきた事が記されている。この塔は百済の都だった忠清南道の扶余にあった定林寺の五重の石塔と似ていると言われ、これら百済からの移住者(亡命者、難民?)か、その子孫が建てたものらしい。花崗岩製。


正面

右側面


Ishido-ji Temple

Ishido-ji Temple


裏側

左側面


Ishido-ji Temple

Ishido-ji Temple


Ishido-ji Temple

Ishido-ji Temple


五輪塔。嘉元2年(1304年)、貞和5年(1349年)の建立の重文。

宝塔。正安4年(1302年)の建立の重文。


Ishido-ji Temple

Ishido-ji Temple


Ishido-ji Temple

石塔石仏群と八十八箇所巡り
鎌倉時代になりますと、参拝の方々が、ご自身の極楽往生のため、または、ご先祖の菩提を弔うために、仏舎利塔である阿育王塔の周りの霊域に、五輪塔や石仏を奉納されるようになり、その後、数百年の間に多くの数になりました。(寺のパンフレットより)


 

前半

後半