Up
Down
Return

瀬田の唐橋、建部大社、義仲寺

2011年1月・2015年9月

瀬田の唐橋と龍王宮秀郷社

Seta

Seta


左岸(西側)にある明治七年(1874)開設の鳥居川水位観測所。ここの量水標の零点高が琵琶湖水位の基準高となると書いてある。

Seta

Seta


Mystの世界。

Seta

Seta


擬宝珠の施工者、鋳造者は新旧色々。

Seta

Seta


瀬田の唐橋は塗装色が変わる話があるので、2011年年初の状態を記録しておいた。
広重近江八景国立国会図書館デジタルコレクション

Seta

Seta


塗り替えられてこうなった。

Seta

Seta


右上の瀬田橋での出来事に若干追記して略史を作ってみた。

Seta

Seta


Seta

Seta


Seta

Seta


Seta

Seta


右岸(東側)にある唐橋流心水質自動観測所。

Seta

Seta


東詰めの両側には常夜燈が立つ。

Seta

Seta


東詰めの信号を渡ったところには田上の太神山不動寺への道標

 


Seta

Seta


Seta

道標に従って龍王宮秀郷社へ。


瀬田橋竜宮(龍王宮秀郷社)

Seta

Seta


取水鉢の龍が4年の間に増殖していた。

Seta

Seta


金毘羅宮

拝殿


Seta

Seta


Seta

Seta


Seta

Seta


右上の縁起は写真ではよく読み取れないが、
勢多之唐橋 龍宮 古来瀬田川には龍神が御座ると言はれて、昔は橋を社とした。唐橋中央に特殊な橋クイが打ち込んであって、是を龍神の御霊代とし舟はこの神座を通るのを恐れた。唐橋は神橋の転化である。西暦1440年頃、佐々木近江守が蛍谷に在った橋を現在の処へ架替えた時、工事中水底の龍神を遷座する権殿として此の社が設けられた。以来橋架替え大修理の都度、龍神を権殿に遷座する慣例が行われた。時代の推移はいつしか権殿が本宮になった。
と書いてある。


Seta

Seta


祭神は、大神霊(オーミタマ)龍王と藤原秀郷。
藤原秀郷(俵藤太)が、この龍神の頼みで三上山を七巻半する大ムカデを退治した伝説は有名だが、そのお礼に龍神からもらったものの中に赤銅の鐘があり、これは三井寺の「弁慶の引摺り鐘」という事になっている。


建部大社たけべ


Takebe Shrine

Takebe Shrine


当社は、古来建部大社、建部大明神と称え、延喜式内名神大社に列し、又近江国一ノ宮として朝野の崇敬篤く長い歴史と由緒を持った全国屈指の古社である。(右上、御由緒の冒頭)
ただ、文化財は少なく観光的?には面白みが少ないところ。白州正子さんならば重文の木造女神坐像に興味を持たれたかもしれない。


Takebe Shrine

Takebe Shrine


Takebe Shrine

Takebe Shrine


Takebe Shrine

Takebe Shrine


義仲寺ぎちゅうじ

京都観世会館で能「巴」を見た翌週、義仲寺を訪ねた。

 

前の道は旧東海道。


gichuji temple

gichuji temple


山門手前の巴地蔵堂。

gichuji temple

gichuji temple


巴塚。

gichuji temple

gichuji temple



木曽塚。


gichuji temple

義仲寺の名は、平家討伐の兵を挙げて都に入り、帰りに源頼朝軍に追われて粟津(あわづ)の地で壮烈な最期を遂げた木曽義仲(きそよしなか)(1154-84)をここに葬ったことに由来しています。近江守護であった佐々木六角が、室町時代末期に建立したといわれています。江戸時代中期までは木曽義仲を葬ったという小さな塚でしたが、周辺の美しい景観をこよなく愛した松尾芭蕉(1644-94)度々訪れ、のちに芭蕉が大阪で亡くなったときは、生前の遺言によってここに墓が立てられたと言われています。滋賀県観光情報のサイトより。(http://www.biwako-visitors.jp/search/spot.php?id=410)


木曽八幡。

本堂である朝日堂の内部。


gichuji temple

gichuji temple


山吹供養塔。JR大津駅前から引越し。

gichuji temple

gichuji temple


芭蕉の関係

芭蕉は1694年10月12日午後4時ごろ大阪で亡くなり、遺言に従って遺骸を義仲寺に葬るため、その夜、去来、基角、正秀ら門人十人、遺骸を護り、川舟に乗せて淀川を上がり伏見に至り、十三日午後義仲寺に入る。十四日葬儀、深夜ここに埋葬した。(寺のパンフレットより)


翁堂。天井には伊藤若冲の四季花卉図。

芭蕉翁の墓。


gichuji temple

gichuji temple


gichuji temple

gichuji temple


gichuji temple

そういう訳で義仲よりも芭蕉の存在が目立つ寺。