Up
Down
Return

大津のスナップ

今井兼平の墓

昔はここに橋があり、こちらが入口だったか?

前を流れるのは盛越もりこし川だそうです。




「兼平庵」という建物。


JR石山駅の北側にある。今井兼平は源(木曽)義仲の家臣。寿永3年(1184)源義経らの軍と粟津で戦い、最期は口に刀をくわえて馬から飛びおりるという壮烈な死にざまであったという。江戸時代の寛文7年(1667)膳所藩主本多康将(やすまさ)が山手にあった墓碑を現在地に移した。市指定文化財。(大津歴史博物館のWebサイト:http://www.rekihaku.otsu.shiga.jp/jiten/data/135.html より 2015/11/01)
今井四郎兼平の最期は『平家物語』巻第九「木曽最期」に今は誰をかばはんとていくさをばすべき これ見給へ東国の殿原日本一のかうの者の自害する手本よ とて太刀のきつさきを口に含み馬よりさかさまに飛び落ちてつらぬかつてぞ失せにけるとある。





墓までに立ち並ぶ石碑や献燈の奉納者名を見ると、子孫の「今井」さんは長野県や群馬県におられるようだ。




JR大津駅にある北緯35度線

上りホームの西端で、ちょっと寂しい位置にある。



山吹地蔵

山吹供養塚は義仲寺へ移されている。