Up
Down
Return

原道を歩いて多賀へ

このページの内容は、主に2013年3月23日に多賀町立文化財センター主催で行われた「多賀道を歩こう~原道~」に参加した時のものです。


より大きな地図で 原道 を表示

多賀大社への参拝の道は幾つかある。
  • 御代参街道
    東海道土山宿と中山道愛知川宿近くの小幡/新堂/愛知川を結ぶ約36kmの街道。江戸時代、京都仙洞御所の皇族が毎年、正月、五月、九月に伊勢神宮と多賀神社へ名代(御参代)を派遣する習わしがあり、京都から伊勢へ参拝し、その後土山宿からこの道を通って多賀神社へ参拝されたことから、御代参街道と呼ばれるようになった。
  • 多賀道(高宮道)
    高宮宿からの多賀道
  • 大堀道
    彦根市大堀町、多賀町土田を通る道があったらしい。
  • その他(東から)
    鞍掛越(国道306号)、五僧越(岐阜県道・滋賀県道139号上石津多賀線)
  • その他(西から)
    国道307号、滋賀県道13号・甲良町役場、滋賀県道216号・国道307号


  • 正法寺町交差点からの多賀道

    中山道。

    原道

    原道


    彦根市原町の中山道と中濠東西通り(306号)の交差点が正法寺町交差点で、そのすぐ北東の常夜灯から原道は始まる。
    常夜灯の下には色々立っている。

    原道

    原道


    原道

    上の写真の「廿八丁」の丁石は移設されたものだろう。
    「金毘羅大権現」の石柱は金毘羅宮・慈眼寺。
    (彦根市野田山町291)
    「慶光院」は正法寺慶光院。(彦根市正法寺町167)
    常夜灯は 慶応三年(1867年)建立。大政奉還の年。
    移設されたのか、向きが左90度ずれているとか。


    原道

    原道


    二十九丁

    道路拡張工事の時にまとめてここに置かれたのか?


    原道

    原道


    原道

    原道


    原道

    原道


    原道

    原道


     

    二十三丁


    原道

    原道


    二十二丁

     


    原道

    原道


    原道

    原道


    二十丁

     


    原道

    原道


    原道

    原道


    原道

    原道


    原道

    たらちね地蔵
    元は「はと道」だったという道と重なる。
    大きな石は、古墳の蓋だったいう言い伝えが有るとか。


    十六丁


    原道

    原道


    平和堂多賀流通センター予定地での発掘調査現場

    十四丁


    原道

    原道