Up
Down
Return

余呉の野神さん

余呉町文室ふむろの野神さんと山の神

文室の集落は北・西・南を山で囲まれた奥まった位置にある。

 
余呉町文室の野神

 
余呉町文室の野神


北野神社

 
余呉町文室の野神

 
余呉町文室の野神


山の神、野の神、綾の神が並ぶ
余呉町文室の野神

朱の鳥居の奥はお稲荷さん、右は秋葉神社
余呉町文室の野神


足前たるさき神社
余呉町文室の野神

 
余呉町文室の野神


 
余呉町文室の野神

庚申塚と聞いたが……
余呉町文室の野神


左手前は石仏のようだ
余呉町文室の野神

小型だが様式的には古そうな宝篋印塔
余呉町文室の野神


 
余呉町文室の野神

 
地元の方のお話によると、山の神は左写真山上右端の送電線の鉄塔の近くにあった「権現さん」のところに祀られていたという。権現峠と呼ばれた場所には足前権現が祀られていたらしい。
湖北は山の神の存在が希薄だが、かつては確かに存在した事を伺い知る事ができる。
野神さんは国安が中心に祭祀が行われているという。
「綾の神」は珍しい興味深いカミだが、養蚕の関係のように感じられる。


余呉町国安の野神さん

草岡神社

 
余呉町国安の野神


天神山砦跡の説明板
余呉町国安の野神

 
余呉町国安の野神


 
余呉町国安の野神

3本の杉の存在感が大きい。
余呉町国安の野神


 
余呉町国安の野神

石段左側の境内社
余呉町国安の野神


毘沙門宮
余呉町国安の野神

お稲荷さん
余呉町国安の野神


石段右側の境内社
余呉町国安の野神


秋葉社
余呉町国安の野神

金刀比羅社
余呉町国安の野神


拝殿
余呉町国安の野神

本殿
余呉町国安の野神



主祭神はタカミムスビとカミムスビ

本殿脇にポツンとある祠が気になる。
余呉町国安の野神


神社でお見かけした地元の方から、国安に野神さんは3ヶ所に祀られていると聞き、場所を教えていただいた。

(1)草岡神社西の鳥居脇の野神さん

 
余呉町国安の野神

元々は高さ十丈(30m強)の大樹があったということ。
余呉町国安の野神


 
余呉町国安の野神

 
余呉町国安の野神


(2)集会所の先の野神さん

 
余呉町国安の野神

 
余呉町国安の野神


 
余呉町国安の野神


田圃の中にポツンと浮かぶ島のように見える。


 
余呉町国安の野神

 
余呉町国安の野神


(3)余呉川左岸の野神さん

 
余呉町国安の野神

 
余呉町国安の野神


 
余呉町国安の野神


高さ十丈の欅があったとか。


毛受めんじゅ兄弟の墓

 
毛受兄弟の墓

 
毛受兄弟の墓


 
毛受兄弟の墓

兄弟の墓碑。下の説明にあるように明治の建立。
毛受兄弟の墓


 
毛受兄弟の墓

 
毛受兄弟の墓


 
毛受兄弟の墓

 
毛受兄弟の墓


 
毛受兄弟の墓


4月下旬に紅葉している。


余呉町今市
余呉町今市

 
余呉町今市


狐塚
狐塚

 
狐塚


 
狐塚


毛受兄弟の墓にある説明板に書いてあるように、賤ヶ岳の戦いの時に、毛受兄弟は、ここに陣を張ったという。


索引へ戻る