Up
Down
Return

能登川町

 

 

法堂寺遺跡

法堂寺遺跡


7世紀後半の白鳳時代に近江では"爆発的に"寺院が建立された。大化二年(646)の薄葬令で古墳の築造が減少し、天武天皇十四年(685)に「諸国の家ごとに仏舎を作り乃ち仏像と経を置きて礼拝供養せよ」という詔が出たのち、地方の有力者は私寺として寺院建立を盛んに行った。この遺跡もその頃に建立されたものだろう。建物の配置は直線性に乏しいが、四天王寺式伽藍配置のようだ。

中門跡

塔跡

金堂跡

法堂寺遺跡


平安時代初期に洪水で建物が倒壊、その瓦は洪水でできた川へ捨てられ埋め立てられた。寺は再建され、平安時代後期に寺の周囲に壕が設けられた。廃寺となった時期は定かではない。

瓦溜まり

白鳥神社

 
白鳥神社

かなり凝った造りの本殿
白鳥神社

本殿左の三境内社とその背後に善教寺の屋根
白鳥神社

 
白鳥神社

野神社
白鳥神社

 
白鳥神社

『東近江市史能登川の歴史 第四巻』534頁に*1またかつて堤防に野神が祀られていたのも能登川地区では数少ない事例である。という記述がある。時期や理由は定かではないが、その野神がここに移されている。この種村は文化年間に愛知川右岸神崎郡十五ヵ村から京都町奉行所へ猿尾や入会地の無断開墾で訴えられた左岸の三村(和田、神郷、種)の一つである。

白鳥神社


 

本行寺

浄土真宗本願寺派寺院。

東近江市種町


白寿苑種老人憩いの家

東近江市長勝寺町乎加神社御旅所

乎加神社御旅所
東近江市長勝寺町

乎加神社参道大灯籠

乎加神社参道の大灯籠
東近江市佐生町

引用文献・参考資料
  1. *01 東近江市史能登川の歴史編集委員会/編『東近江市史能登川の歴史 第四巻』東近江市 2012

戻る