Up
Down
Return

愛知川右岸(北側)では野神さんは見当たらず「山の神さん」ばかりになる。
抑揚は、山の・カミさん。

愛荘町川原の御崎神社

右下の説明では触れられていないが、また、近世に創始された御崎神社(川原)の祭りは、愛知川の対岸の村々と争った草刈場相論による義民を祀る社で、堤防上にあった野神の神霊を移して合祀したと伝えられる。(『近江愛知川町の歴史第3巻民俗・文献史料』愛知川町史編集委員会編 愛荘町発行 2008 78頁)
愛知川右岸でも野神が祀られていたことを示す貴重な場所。安永六年の相論に破れ、左岸(五個荘)で祀っている野神に対抗して、右岸では野神を廃して山の神だけを祀ることに変えてしまったのではないかという想像が働く。

枯死してしまっているが、かつてのご神木?
御崎神社

川に近い内側の堤防上の道
御崎神社

水面と川原、堤防内側の竹や樹木の枝には多数のカワウ。

神社は二重化された堤防の間にある。

 

 

愛荘町川原

 

愛荘町東円堂の山の神さん

鎌倉時代に興福寺東円堂が領有権を持つ荘園だったのが地名に残っているという。興福寺には北円堂、南円堂のほかに、奈良県庁の東に平安時代に建立され室町時代に焼失した東円堂があった。奈良の八重桜で有名な場所でもある。東円堂の山の神さんは数か所で祀られている。

東円堂の山の神さん

東円堂の山の神さん


東円堂の山の神さん

東円堂の山の神さん


東円堂の山の神さん

山の神さんは春日神社の左側に祀られている。祭礼は8月7日に行われる。『滋賀県の自然神信仰 滋賀県自然神信仰調査報告書(平成一四年度~平成一九年度)』(*2)によると、東円堂には異なる山の神をまつる幾つかの組があるといい、ここはその一つ。もとは神社の前を流れる安壷川沿いを北に行った森の中にあったが、圃場整備でここに移されたという。鼻長堂という祠に祀られていたらしいが、現在は石造五輪塔が風雨に曝されている状態。



平居の八幡神社社

愛荘町平居の八幡神社社殿左にある石造の祠。


平居の八幡神社社

平居の八幡神社社



愛荘町畑田の山の神さん

天一神社社殿の左側にある。

畑田の山の神さん

畑田の山の神さん


本殿左奥に三つ離れて並んだ石が山の神さん。昔は天一神社東側にあったが、公園の造成のために現在地へ移された。(*2)

畑田の山の神さん

畑田の山の神さん


畑田の山の神さん

畑田の山の神さん


畑田の山の神さん

畑田の山の神さん


東近江市西菩提寺の山の神さん

日吉神社の東側、若干離れたわかりにくい場所に山の神さんの祭場はある。祭礼は8月7日(*2)。小学生が行なう。

西菩提寺の山の神さん

西菩提寺の山の神さん


西菩提寺の山の神さん

西菩提寺の山の神さん


西菩提寺の山の神さん

日吉神社。西菩提寺住居地のほぼ北端に位置している。



東近江市南清水の山の神さん

ジュラロン株式会社滋賀工場入口左側にある。もとは愛知川に近いところに祭場があった(*2)

南清水の山の神さん


(*2)

南清水の山の神さん

南清水の山の神さん


南清水の山の神さん

南清水の山の神さん


東近江市大清水の山の神さん

大清水の山の神さん

大山咋神社から御旅所を結ぶ道の御旅所近の木の下にある。
祭礼は8月7日に近い日曜日。ここを起点に五か所の山の神を回る(*2))。


大清水の山の神さん

大清水の山の神さん


参考資料

  1. *2 滋賀県教育委員会文化財保護課編『滋賀県の自然神信仰 滋賀県自然神信仰調査報告書(平成一四年度~平成一九年度)』
    滋賀県教育委員会 2007
  2. *8 李春子「滋賀県の『野神信仰』と持続保全の行方」『社叢学研究 第9号』社叢学会 2011
  3. *9 李春子『神の木 日・韓・台の巨木・老樹信仰』サンライズ出版 2011
  4. *10 五個荘町史編さん委員会『五個荘町史 第四巻(3);4(3)民俗』五個荘町役場 1993
  5. *11 橋本章『近江の年中行事と民俗』サンライズ出版 2012

戻る

愛知川からは離れますが、

安土町香庄コノシヨウ

滋賀県教育委員会文化財保護課編『滋賀県の自然神信仰 滋賀県自然神信仰調査報告書(平成一四年度~平成一九年度)』*2に安土町香庄の野神祭りが記載されている。香庄は安土駅西側の安土町常楽寺の南西に接し、山本川を渡った先にあるこじんまりとした集落で、その田地は集落の北西に伸びている。

安土町香庄

安土町常楽寺(町名)にある行安寺
行安寺は老人憩いの家と常楽寺会館に挟まれた無住の観音堂で、観音講が管理しているという。上記調査報告書の記述によると、8月18日午前に香庄の区長・区長代理・年番の3人が行安寺へ「お礼参り」に行く。何のお礼かについては2説紹介されており、(1)疫病が流行した時、観音様を拝んだら収まった、(2)戦の時に匿ってもらった、というもので、どちらもありそうな話に思える。


安土町香庄

安土町香庄


安土町香庄

安土町香庄


「新開の森」は香庄の田の先にある圃場整備された田圃の中に浮かんだような一画で常楽寺の町域に属する。織田信長により死罪とされた女房衆の死体を埋めた「死骸の森」という伝承もあるとか。

安土町香庄

安土町香庄


道路からの道を入って行くと、中央付近はちょっとした広場になっている。「今宮大明神天満宮御旅所」の石柱が立っているが、ここからすぐ西南の浅小井町にある今宮天満宮神社の「御旅所」だったという。今宮天満宮神社の主祭神はスサノヲ、従って元は牛頭天王社だったようで、7月半ば過ぎに祇園祭が行なわれ、宵宮の松明、曳山巡行で知られる。
8月18日午後に香庄の3役員は「新開の森」へ行く。ここで藁三束に火をつけて清めてから、区長と区長代理が相撲をとり、年番が行事として引き分けを宣言して祭りは終わるという。

安土町香庄

安土町香庄


安土町香庄

裏に回ると石仏の祠と殉職?した方々の石柱。
上記の調査報告書でも指摘しているように、どこが「野神祭り」なのかよくわからないが、「御旅所」の石柱の左右(右は枯れているが青竹の後ろに見える。)の木にその面影を感じた。


愛知川流域の「野神さん」についての考察(まだ途中)