Up
Down
Return

浅草名所七福神巡り・浅草寺

矢先稲荷神社(福禄寿)

矢先神社

矢先神社


寛永十九年(1642年)に徳川家光が京都の三十三間堂を模した三十三間堂を建て、お稲荷さんを勧請した。三十三間堂は矢先神社の東側、東本願寺(真宗東本願寺派本山)との間に南北に長い敷地に建てられていた。京都を真似て「通し矢」を催したが、的の先にあるので矢先稲荷と命名された。この三十三間堂は元禄十一年(1698年)に焼失し深川富岡八幡宮の東側に再建されたが、神社は取り残された。下谷神社と同様に「稲荷」を消したがっている気配が濃厚。

矢先神社

矢先神社


海老根駿堂という日本画家が描いた挌天井の馬乗史。

矢先神社

矢先神社


矢先神社

矢先神社


矢先神社

矢先神社


矢先神社

矢先神社


矢先神社

矢先神社


福々しいお顔の福禄寿

 


矢先神社

矢先神社


下が北です。

矢先神社

矢先神社


Topこのページの先頭へ

浅草寺(大黒天)

金龍山浅草寺は聖観音宗という宗派の総本山。昭和二十五年(1950年)に天台宗から分かれた。

浅草寺

浅草寺


大黒天は影向堂外陣の左端。


浅草寺

浅草名所七福神巡り


九代目市川団十郎のしばらくの像。はとバス専用駐車場の北側にある。

浅草寺

浅草寺


浅草寺

阿弥陀如来坐像。肩や腕に力が入っている像容からは生真面目さがうかがえる。


浅草寺

浅草寺


浅草寺

経文が刻まれた長い塔身を持つ宝篋印塔


銅造の宝篋印塔。鋳造ならではの緻密さがある。

浅草寺

浅草寺


浅草寺

浅草寺


迷子しるべ石

浅草寺

浅草寺


浅草寺

上洛すれば、誓願寺の迷子みちしるべ


浅草寺

宝蔵門内側に掛けられた大わらじは外側の仁王様が履くためのものとされている。宝蔵門の上層は収蔵庫になっている。


鎮護堂

伝法院通りの店の間に門がある。
鎮護堂

明治初期までこの辺りに狸が棲んでいたという。
鎮護堂

関東大震災や東京大空襲の火災から伝法院・鎮護堂を守った鎮護大使者
鎮護堂

やはり信楽焼の狸が多いが
鎮護堂

一番大きな狸は文人風
鎮護堂

 
鎮護堂

子供を抱いた「おやす地蔵」
鎮護堂

加頭地蔵と加頭観音
鎮護堂

歌舞伎の市川一門から奉納された手水鉢
鎮護堂

幇間塚の碑
鎮護堂

線刻の観音様は白衣観音?
鎮護堂

伝法院の庭園を覗ける。
鎮護堂