Up
Down
Return

奈良の野神さん

奈良市西大寺野神町の野神

西大寺の北側の道を西へ歩いた四つ角の北西に野神神社がある。

西大寺野神町

西大寺野神町


野神の社

その左の社には十一面観音の石像。


西大寺野神町

西大寺野神町


西大寺野神町

西大寺野神町


西大寺野神町

野神神社を更に西へ坂を上がって行くと、この案内板がある。ここで右に曲がると叡尊の五輪塔などがある体性院に行ける。地形としては体性院あたりがこの地域の一つの頂上になる。左の簡単な地図に描いてある新池は延文四年(1359)に築造された溜め池。


奈良市三条町の野神

奈良市三条町

奈良市三条町


奈良市三条町

奈良市三条町


今里杵築神社の蛇巻

橿原市五井町の野神

今井区の小綱では、六月四日(昔は旧五月四日)に、氏神の当屋によりノ神さんの祭が行なわれる。当屋の家に、前年当屋・明年当屋が寄り、三人で藁十二束をもってジャを一つづくり、夕方になるとジャを梯子にのせ、牛・鍬・鋤などの絵を白紙に書いた絵馬(昔は木で農具の模型をつくった)・洗米・御神酒を盆にのせ、田行きの服装でほおかむりをして、ノ神塚へ参る。途中、あんつけ餅五個を串に刺したのを一本ずつ子供に与え、往復はいずれも子供と泥まみれになって暴れる。ここでは、昔蛇が出て田を荒らしたので、百姓が神にまつるから荒らさないでくれとたのんだので、ノ神祭をするのだといい、また湿疹が出ると、団子を持ってノ神さんに参るとなおると伝えられている。また五井でも同じような伝説をもち、ノ神さんの榎の木に、昔川上から大蛇がきて、田畑を荒らしたので、百姓がジャグミ(蛇組み)をして防いだが、ある年それを怠ると恐ろしい不作に見舞われたと伝えている。*1

橿原市小綱町しょうこちょうの野神

橿原市地黄町の人麿神社と野神さん

桜池北岸には、祠や石碑が並んでいる。

桜池
桜池

観音堂:中には石仏の他に小さな厨子に納められた観音立像。
桜池

 
桜池

玉津嶋神社
桜池

庚申塚
桜池

 
桜池

桜池

寺院が存在した歴史を感じさせるが調べがつかない。
地黄町という町名からは八味地黄丸を思い出してしまうが、サオヒメ(佐保姫)という原料となる植物を栽培していたらしい。

地黄町の人麿神社

地黄町の人麿神社

例年5月4日に、人麿呂神社(橿原市地黄町)の境内で子どもたちによる「すすつけ(すみつけ)」が行われます古くはノガミさん、ノグッツアンと言われていましたが、子どもたちが互いにすすつけをおこなう行事が有名になると、「すすつけ祭」と言われるようになりました。(最近では、「すすつけ祭」が一般的ですが、「すみつけ祭」とも呼ばれることもあります。)野神祭の1つで、地域の人びとの無病息災や豊作を祈り、裸の村の子どもたちが人麿神社境内を駆け回り、真っ黒になるまで墨の付け合いをします。(http://www.city.kashihara.nara.jp/kankou/own_kankou/saijiki/5_susutsukematsuri.htm)

地黄町の野神さん

田の中の野神さん。典型的な位置に祀られている。溜池にも近い。

「すみつけ祭」は休止中かもしれないが、
地黄町の野神

野神祭は続けられているようだ。
地黄町の野神

天秤棒の左右に牛馬を使って田起こししている絵が描かれている
地黄町の野神

これは馬耕の様子か?
地黄町の野神

こちらは牛?
地黄町の野神

平成三十年五月四日という日付が書いてある。
地黄町の野神

ジャ(蛇巻)を作っていたはずだが名残りはあるようなないような……

橿原市上品寺町の野神さん

水路を護る石仏だけかと思いきや、
上品寺町の野神

右の建物が集会所で、水路との間に広場がある。
上品寺町の野神

大和盆地北と中部にはノガミ祭が多く残されており、中和では、野神祭の1つとして「ジャまつり」と呼ぶものがあります。これらの特色として、大きなジャ(蛇)をつくり、木に巻きつけたり吊ったりすることが挙げられます。毎年6月5日に行われるシャカシャカ祭(橿原市上品寺町)は、奈良県で一番有名な「ノガミ(農神)祭」です。(古くは旧暦の5月5日に行われていました。)麦わら(最近では稲わらを使用します。)で6~7メートルほどのジャ(蛇)をつくり、ヨシの葉に包まれた大きなチマキ(お供え)を先頭が持ち運び、このあとにはっぴ姿の子どもたちが、わらでできたジャ(蛇)を担いで町中を練り歩きます。途中、町の北と南でジャ(蛇)に水を飲ませる所作をします。最後に神木であるヨノミ(榎)の木にジャ(蛇)を巻きつけ、チマキ、スルメ、お神酒などを供えて1年の豊作や治水を祈ります。(http://www.city.kashihara.nara.jp/kankou/own_kankou/saijiki/6_shakashakamatsuri.html)

参考資料
  1. *01 『橿原市史』橿原市史編集委員会/編 橿原市役所 1962 581~583頁

戻る